本文へスキップ

特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産業務はお任せください。研修やセミナー等も承ります。

初回相談無料TEL. 03-6550-8696

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-6-5 霞が関三丁目ビル

より少ない特許でより強い保護のご提案STRONGER PROTECTION

コストカットできる

権利を強くする

一つの特許を取った場合、改良発明の特許が他人に取られてしまうと権利が弱くなってしまいます。権利を強くするには、自分で改良発明の特許を取るか、他人に改良発明の特許が取られないようにするか、他人に改良発明の特許を取られても問題ないようにすることが重要です。秘匿化や積極的な公知により、他人に改良発明の特許を取られても問題ないようにすることが可能です。
お問い合わせはこちら
>詳しくはこちら



コストカットできる

コストカット

タイムスタンプを活用することによりコストカットを実現できます。

お問い合わせはこちら
>詳しくはこちら

>タイムスタンプサービスについてはこちら




手続きが簡単

手続きが簡単

タイムスタンプは、取得対象のデータを弊所に預けるだけで取得できます。



一部技術を秘密にできる

技術を実施時期まで秘密に

一部の技術について特許を取得せずにタイムスタンプを取得することにより、実施されるまで技術内容を秘密にすることができます。実施されるまで秘密にすることで、優位性を確保することができます。

  お電話でのお問い合わせ
 TEL 03-6550-8696
  受付時間10:00~18:00(土・日・祝日を除く)
)
ルド1>

24時間受付


一つの特許の限界

自社の基本発明の特許を一つ持っていた場合、その権利範囲内で他社の改良発明が特許化されると、下図のように破線の矢印からブルーの矢印へと権利範囲が狭められてしまいます。狭められた先に他社改良発明の特許があると、ライセンスをする必要等が生じます。
一つの特許の限界


基本発明を守るタイムスタンプの活用

弊所では、基本発明の特許を守るためにタイムスタンプの活用(より少ない特許でより強い保護)をご提案いたします。
基本発明を守るタイムスタンプの活用
・他社改良発明が特許化されても、それよりも前にタイムスタンプを取得しておけば、先使用権により事業を継続可能にすることもできます。


基本発明を守る自社改良発明

自社で改良発明を特許化することにより、基本発明の特許を守り、且つ基本発明の延命もできます。ただし、タイムスタンプを利用した場合よりも費用がかさみます。
基本発明を守る自社改良発明

バナースペース

須藤内外国特許事務所

〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-6-5 霞が関三丁目ビル
TEL 03-6550-8696
FAX 03-6550-8694